バックナンバー

結婚にまつわるマナー

親しい友人が結婚した場合、お祝いの言葉だけではなくお金や物を贈ることも昔から受け継がれてきたマナーの一つです。例えば挙式や披露宴などに招待されている場合は、当日祝儀袋に結婚祝いのお金を入れて持参しましょう。相場で言うと友人の場合は一万~三万円未満が妥当だと言えますが、自分が先に貰っている場合はその時の金額と合わせると良いでしょう。また、近頃は挙式や披露宴は行わない夫婦も珍しくないため、友人がそのように何もセレモニーは行わないのであれば直接会って結婚祝いを贈ると良いでしょう。その場合は挙式や披露宴に招待された場合よりも少し金額を減らすのが一般的です。お金をそのまま渡すことに抵抗感を感じるという人は品物を贈るのもおすすめです。新生活で役に立つ家電や食器などが喜ばれます。何を贈ったらよいのか決めきれない時には友人にリクエストをしてもらうのも良いでしょう。そうすれば見当違いな品物を贈らずに済み、お互いにとって安心できるというメリットがあります。結婚祝いは挙式や披露宴に出られる場合は当日に、出られなかった場合は知らせを聞いて早めに贈るのがマナーです。この時の対応が後々の関係にヒビを入れてしまった、という話も珍しくないため、結婚祝いは慎重に贈りましょう。

↑PAGE TOP