• トップ /
  • 結婚式のお祝いを用意する
バックナンバー

結婚式ではお祝いのマナーがある

友人や身内などでお祝い事があると、それに向けて準備をしていきます。結婚式では知っておきたいマナーがあります。それを踏まえて当日を迎えることができるようにしたいものです。友達として参列する場合には一般的なお祝いの相場としては3万円くらいが妥当といえましょう。若くて3万円という金額を出すことが難しい場合では2万円でもいい場合もありますが、お札の枚数が奇数になるように工夫をしましょう。親戚やきょうだいなどでは包む額も違ってくるので、まわりと相談をしながら決めていくといいでしょう。お祝いはご祝儀袋に入れて出すことになります。自分の名前を表に記入をして、裏側に金額などを記入することになります。本来ならば、結婚のお祝いでは墨で記入をしていくものです。そしてお金を包み、ふくさに入れて当日受付で出すのがマナーです。当日の受付ではお祝いの言葉とともにご祝儀袋を出すことになります。その際には記帳をすることになるのですが、最近は筆だけでなく、ペンも用意してあったり、事前に招待状に受付で提出するカードが入っていることもあります。このように、結婚式ではご祝儀を出す際に最低限守りたいマナーがあります。それは知っておきたいものです。

↑PAGE TOP